レーザー治療でにきび跡をなくす【メラニン色素はがし隊】

女性

にきびを完治させるために

美容整形

色素が沈着した場合

にきびとは、アクネ菌による肌の炎症ですが、炎症がおさまっても、肌には赤色や茶色のシミが残ることがあります。これをにきび跡というのですが、これは肌が回復していく過程で、メラニン色素が沈着してしまったことが主な原因です。炎症自体はおさまっているので、痛みはないものの、目立つため、にきび跡に悩む人は多くいます。しかしこれは、美容整形外科でのレーザー治療によって、容易に消すことが可能です。具体的には、メラニン色素に反応して熱を与えるダイオードレーザーを使った治療です。照射することでメラニン色素が沈着している部分が軽く焦げて、かさぶたになります。かさぶたですから、ある程度日数が経過すれば自然にはがれます。そのかさぶたと一緒にメラニン色素もはがれるため、肌は白い状態に戻るわけです。

肌に凹凸がある場合

にきび跡は、肌細胞の過剰な分裂によってもできることがあります。この場合は、シミではなく局部的な膨らみができます。また、逆に肌細胞がうまく分裂せず、肌が局部的にくぼんでしまうこともあります。こういった凹凸によるにきび跡も、レーザー治療によって目立たなくすることができます。そしてこれには、ダイオードレーザーではなく、炭酸ガスレーザーが使われます。炭酸ガスレーザーは、細かい部分を削ることに特化したレーザーです。そのため膨らんでいるにきび跡を全体的に削ったり、くぼんでいるにきび跡の周辺を削ったりすることができます。これにより肌はなだらかになり、凹凸が目立ちにくくなるのです。このように美容外科では、色々なにきび跡を、それぞれに適したレーザーで消すことができるのです。

皮膚科でにきびの跡を治す

美容整形

にきび跡があると肌が汚く見えるため、大阪では皮膚科に行って、にきび跡を治療してもらう事が人気です。皮膚科でにきび跡を治療してもらう事によって、市販されている薬を利用して治療するよりも、綺麗に治す事ができるためオススメです。

気になる皮膚トラブル

看護師

誰もが経験したことのあるのが、にきびです。にきびの原因は、実にいろいろありますが、適切な治療を皮膚科で受けることで、悪化したり跡にならずにすむことができるので、おすすめです。十分な睡眠と栄養バランスの取れた食事、ストレスのない生活が健康的な肌を作るのです。

潰さないようにしましょう

女性

にきびは、皮膚の角質化によって塞がれた毛穴の中に皮脂が溜まって、そこにアクネ菌が増殖して発生します。皮膚科等の病院で治療が出来ます。また、にきび痕は美容外科の治療で治すことが可能です。